スクリーンありま ロゴ

シルクスクリーン印刷・パッド印刷・箔押し印刷 <価値創造の特殊印刷>
(有)スクリーンありま
実績サンプル集 仕様別インデックス

東京本社 03-3615-7033
E-mail : tokyo@arimasp.jp
茨城工場 0291-33-1700
E-mail : ibaraki@arimasp.jp

業務案内

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷 は素材を選ばず
プラスチック・金属・木・皮・紙とあらゆる物に印刷が可能です。
(一部密着の悪い素材も有りますので、ご注意下さい。)
平面/曲面印刷も可能で、その利用法は多才です。

(メッシュ)
シルク版は1インチ4方に何本の糸が編み込まれた生地を使うかで
その細かさが違ってくると同時に、被写体へのインクの厚み等が違ってきます。
通常65メッシュ~350メッシュ程度が使われます。
一般的に 布物等への印刷は 目が粗く(65~200程度)
プラスチック等は 目が細かいのもが使われます(150~350程度)
ここでは、印刷サンプルを見て頂きながら、シルクスクリーン印刷の可能性を追求致します。

(名前の由来) 
シルク印刷は、友禅染めの手法(型紙で柄を抜き、染料を生地に印刷)が海外に渡り
型紙が布生地を枠に張った版に替わり、日本に戻って来たとも 言われております。
その際に 枠に張った生地が絹(シルク)であり、
シルクで枠にスクリーンを張ったところから、「シルクスクリーン印刷」と呼ばれた様です
今では、ナイロン/テトロン等 生地も変わって来ています

[ シルクスクリーン印刷の詳しい説明 ]  

平面印刷

文字通り、被写体の平面部に印刷します

実際の作動を映像にてご確認下さい

 

平面印刷機作動中

被写体を印刷台(テーブル)に固定し、
版を当てがいスキージー(へら)でインクを押し出します
映像では、版を上部に固定し
上下運動するテーブルに『ジグ=商品を押さえる』を固定し
ジグに商品(印刷被写体)を置きテーブルごと版付近迄上げて
版上からスキージー(へら)が降りて
ここでは左から右に 版を被写体に押さえつけながら移動印刷します
印刷完了後、テーブルが下におりたら、次の印刷対象物と交換する。

曲面印刷

円柱状の被写体への印刷の場合、
一定位置で被写体を回転させながら印刷します

回転印刷機作動中

ここでは、青いステンレスボトルを台のローラー上にのせて上下運動させ
平刷りと違い 商品が上にあがるとスキージーが降りて来た後、
版が左右に動き商品を回転させながら印刷します。
通常、筒状のものであれば、ぐるっと一周印刷可能です。

パッド印刷

パット印刷 は形を選ばず
平面はもとより、凸部・凹部・波状・球状とあらゆる形の物に印刷が可能です。
細かなデザインも得意とし、HPアドレス等細かな文字もスッキリ印刷。

パッド印刷機作動図

パッド印刷は シリコンパッドを使用するとこから、そう呼ばれておりますが
タンポ印刷(タンポ社製の印刷機が最も有名な為)
他に、
タコ印刷(ウ~ん!?理由は分かりません。ご存知でしたら教えて下さい。)
などと呼ばれている様です

[ パッド印刷の詳しい説明 ]

アイロン転写プリント

転写紙を作製し、熱版を用いて転写紙の糊部を熱で溶かし、
パターン(原稿)部をワーク(被印刷物)上に転写させる方法で印刷します。

[ アイロン転写プリントの詳しい説明 ]

箔押し印刷

箔押し印刷 は
特に革製品への印刷にその成果を発揮し、
金/銀色等はその輝きのままに印刷表現が可能で
金銀等の箔を熱と圧力で転写する印刷手法です。

箔を用いずに、そのまま押すことにより
皮が凹む 素押しや焦げ目を付けることにより
また、違った味わいを かもし出したり致します。
そのため ホットスタンプ等と呼ばれたりも致します

[ 箔押し印刷(ホットスタンプ)の詳しい説明 ]

その他の業務

ギフト加工に伴う、のし掛け包装/検品等アセンブリ。
各種オリジナル商品の企画製作販売。
冠婚葬祭・入卒業・落成・創立の 御贈答品・記念品等の販売。

<包装>

印刷サンプルページもご覧ください。
「百聞は一見にしかず」最上部のサンプルインデックスをクリックして下さい。